FC2ブログ

【TAOACADEMY】札幌校 札幌〈道〉学院 スタッフブログ

TAOACADEMY札幌校 札幌<道>学院は 心とからだと動きが変わる 『気のトレーニング』を指導しています。 関西出身の主任スタッフが日々のことや、体験談、イベント告知、 評判の書籍などなどご紹介していきます

 >  被害と復興|東日本大震災 >  日本道観 東日本大震災の被害を越えて 振り返る3.11(5)

日本道観 東日本大震災の被害を越えて 振り返る3.11(5)

― 日本道観 東日本大震災を振り返る 
   日本道観 埼玉道学院 スタッフブログより転記――

東日本大震災の被害を越えて、ということで

3.11を振り返っています。


東日本大震災の起こった日の夜

寮に一人でいながら

テレビをつけっぱなしで

寝ていました。


時々大きな余震があり、

いつまた大きな地震が起きるかもしれない。

福島第一原発の不安もあり

常にニュースをチェック。


次の日、3月12日(土)は道場に行き

大きな被害はなかったものの

落ちたプリンターや書類を片付け

寮に戻ってきました。


非常食をある程度買っておこうと

近所のスーパーに寄ると

パンもお弁当も、ありとあらゆる食材が

品薄になってしまっていました。

とりあえず食料を買い

自宅待機。



寮には一人でしたが

早島妙聴副道長 が

日本道観の会員さんやスタッフに向けて

励ましのメールを度々配信されていて

それを見ると心細さはありませんでした。


東北で大きな被害にあわれた

会員さん達の無事も

どんどん確認されていきました。


「妙聴先生 からのメールを読んで

大変な時だけど勇気がでました」

「気のトレーニングのおかげで

こんな時でも元気です!」

など、

東北の会員さん達が前向きに

地震の被害の中頑張っている姿が

メールで伝わってきました。


胸が熱くなりました。

こちらが勇気をいただきました。


まさかの時に役立つ気―被害にあわない自分になる―

コメント






管理者にだけ表示を許可する