FC2ブログ

【TAOACADEMY】札幌校 札幌〈道〉学院 スタッフブログ

TAOACADEMY札幌校 札幌<道>学院は 心とからだと動きが変わる 『気のトレーニング』を指導しています。 関西出身の主任スタッフが日々のことや、体験談、イベント告知、 評判の書籍などなどご紹介していきます

 >  被害と復興|東日本大震災 >  日本道観 東日本大震災の被害を越えて 振り返る3.11(1)

日本道観 東日本大震災の被害を越えて 振り返る3.11(1)

― 日本道観 東日本大震災を振り返る 
   日本道観 埼玉道学院 スタッフブログより転記――

先程、久しぶりに緊急地震速報の

あの独特な警戒音が鳴り響きました。

茨城沖が震源地ということでしたが

皆さまの地域は大丈夫でしたでしょうか?

被害が出ていない事をお祈りします。

3.11から10ヶ月が過ぎ、

改めて日本道観としての

東日本大震災を振り返りたいと思います。

記憶をたどりながら

日本道観における地震の被害と

活動、思いなどをつづっていこうと思います。

まずは、大震災の被害に対して

道教、タオイズムを通じて交流のある台湾の小学校から

たくさんのご寄付を頂いた時の記事を

改めてこちらでご紹介させていただきます。

「寄付の恩情に応えたい」台湾の3つの小学校から

日本道観へ義援金が送られる

(日本道観オフィシャルサイトより2011.5.12の記事)

台湾で台風による大きな被害が出た時に

日本道観では全国の会員さんに呼びかけて

有志で義援金を集め送らせていただいたことがありました。

台湾にいらっしゃる方を通じて、

実際に被害にあった現場にすぐにその義援金が届くようにと

一番被害が大きかった小学校に寄付をいたしました。

その時の感謝の気持ちをこめてと

小学校の子供達が自分のお小遣いの中から

義援金を集めてくれたそうです。

その時の話を聞くと

遠く海を隔てた国の小さな子供たちの

純粋な必死な顔が浮かぶようで

大変胸が熱くなりました。

皆さん、まるで自分の事のように

心から心配してくださっていたそうです。

改めて、心よりお礼を。


まさかの時に役立つ気―被害にあわない自分になる―

コメント






管理者にだけ表示を許可する