FC2ブログ

【TAOACADEMY】札幌校 札幌〈道〉学院 スタッフブログ

TAOACADEMY札幌校 札幌<道>学院は 心とからだと動きが変わる 『気のトレーニング』を指導しています。 関西出身の主任スタッフが日々のことや、体験談、イベント告知、 評判の書籍などなどご紹介していきます

 >  道家徒然日記 >  タオイズムは難しい?!~実践哲学は日常に溶け込んでいる~

タオイズムは難しい?!~実践哲学は日常に溶け込んでいる~

おはようございます。

日本道観 札幌道学院です。

今日は、タオイズムって聞くだけで、

なんで難しく感じるんだろう・・・と思い

ちょっと早島先生の言葉を捜してみました。



=======================

人が健康を望むわけ

人間はなぜ健康を望むのでしょうか?

そんなこと当然だ
と言われるかもしれません。

でもそれには理由があるのです。

その理由は
人間が本来健康であることが自然だからです。

心もからだも、
不自然な状態、病気の状態は決して心地よいものではありません。

なぜならそれは不自然だからです。

=======================


こんな一説を、日本道観の特設サイト

こだわらない でも流されない」で見つけました。

タオイズムの「無為自然」という言葉を目にしても

なんだか難しそう~~~~とか

よくわかんないな~~~など

感じる方も多いと思いますが

実のところ、こんなあたりまえで

誰でも感じている事が日常のなかのタオイズムなのです。

a0800_001081_m (640x480)


欧米では、静かなブームを巻き起こし、

中国では、「気」はあるものと肯定されていますが

日本で実践できる、タオイズムを学べるところ

というのは日本道観がはじめてだったため、

なかなか説明が難しく、しかも「気」は

「気のせい」とか「気の持ちよう」などと

不確かなものとして、扱われる事の多かった日本。

初代道長 早島天來先生のご苦労は、想像を絶する

ものがあったと思います。




そして実際「老荘思想」を研究していらっしゃる

学者さんのお言葉は、難しいです。

その言葉を目にする私達の多くは、学者さん達ほど

専門用語を知りませんし、

知識もあまりありません。

人は、知らない言葉を見たり聞いたりすると

そこから、内容がさっぱり入らなくなると聞きます。

ですから、難しい言葉の数々で手を上げてしまう方が

多いのではないでしょうか?



そこからいきますと

早島先生自ら、「俺は実践者だ」と言われ

学問としてのタオイズムではなく

タオイズムを実践し取り入れた結果の言葉なので、

とても私達にわかりやすく、イメージがつかみやすいのですね。



ですから、かんたんに、私の言葉で言うと

●病気のない自然な体

●ゆがみのない、しなやかな動き

●ストレスを溜め込まない素直な心

に持っていけたら、理屈ではなく

体で、タオイズムを感じる事が出来るのではないかと

思っているのです。



それには、「気のトレーニング」という方法を

日本道観では、提供しています。

体の気がスムーズに流れ、心はいつも爽やか

動きは柔軟で若々しくられる為の、

様々なクセをとる方法でもあります。



今月オススメ本の「体を整える気のすべて」にも

達人は長生きするとあります。

何事にも上達するには、クセをなくし力を抜く・・・

それが、達人に共通するものなのだそうです。

そんな達人は、芸事を通じて人生の哲学のようなものが

ある方が多く、達人たちの言葉に私は、

タオイズムを感じずにはいられないのです。






コメント






管理者にだけ表示を許可する