2013. 01. 09  
こんばんは!

日本道観 札幌道学院です!

日本道観 3.11 被害を乗り越えて 皆様への感謝を込めて】

ということで、道家龍門派 伝的第14代

日本道観 道長 早島妙瑞先生

あの、東日本大震災から、いままでの現状や

感謝の気持ちをオフィシャルページに公開されました!

ぜひ、ご覧下さい。




――日本道観 3.11 被害を乗り越えて 皆様への感謝を込めて

★日本道観は3.11の被害も最小限に乗りこえることができました

★台湾からの暖かい義援金に支えられる

★現在の活動

★日本道観設立からのご縁のある皆様に支えられ

★世界をつなぐタオイズムの絆




全文はこちらで、ごらんくださいね。

日本道観 3.11 被害を乗り越えて 皆様への感謝を込めて


まさかの時に役立つ気――被害にあわない自分になる
2012. 03. 11  
東日本大震災から、今日で1年がたちました。

日本道観も、色々な被害がありましたが、皆様のおかげで

乗り越えてまいりました。

日本道観の被害 東日本大震災における

日本道観の被害・被災状況について
』のページで

現在の日本道観の状況を、お知らせさせていただいてます。

東日本大震災を被災された日本道観の会員さんの体験談も、

公開していますので、どうぞ、ご覧下さい。






2012. 03. 03  
こんにちは。

日本道観 札幌道学院です。

今日は、3月3日『ひな祭り』ですね。

実は、日本道観 初代道長 早島天來大先生のお誕生日なんです。

天來大先生が、この世にいらっしゃる時は

この3月3日に私達スタッフを日本道観総本部に呼んでくださり、

皆で集まりお祝いさせていただいていました。

これが、楽しみで、楽しみで・・・・

集まって、各地に飛んでるスタッフとの会話も楽しいし

長靴をはいて、お庭のお掃除も楽しい

ましてや、先生がたと同じ屋根の下で、寝起き出来るというだけでも

テンションはMAXです。

一生懸命、あちこち本部のお手伝いをさせていただいていると

妙瑞道長や妙聴副道長に、偶然おあいさせていただけたり

自分自身の変化の時には、ふいにご指導いただけたり・・・

こんな幸せな時を、毎年心待ちにしていました。

ただ、本部に行って帰ってきただけで、

なにげない日々が楽しく、いとおしく思えるようになり

生きていることが、更に楽しくなり、煌いてみえるのです。



現在では、『道の日』とし、会員のみなさまどのたでも

希望すれば、本部を訪れることが出来

みなで、修行の志をあらたにする日になりました。

会員さんのなかでは、かなり遠方からお越しになる方もいますが

『本部に行って帰ってくると、必ず仕事がうまくいく』

といわれて、毎年お越しになる方もいました。



そんな、昨年の『道の日』は東日本大震災の一週間前でした。

一週間、日程がづれていたら・・・・と思うと、ぞっとしましたが

幸い、総本部の被害は少なく、日常生活にはまったく支障がなくなってはいます。

ですが、原発が納まるまでは、まだまだ時間が必要で

皆さんに集まっていただくのは、すぐには、難しいと思います。

また、『道の日』に皆さんで集まり、あの幸せな時を共有できるのを楽しみに、

今日の3月3日を過ごしたいと思います。



2012. 01. 20  
― 日本道観 東日本大震災を振り返る 
   日本道観 埼玉道学院 スタッフブログより転記――

東日本大震災の被害を越えて、ということで

3.11を振り返っています。


東日本大震災の起こった日の夜

寮に一人でいながら

テレビをつけっぱなしで

寝ていました。


時々大きな余震があり、

いつまた大きな地震が起きるかもしれない。

福島第一原発の不安もあり

常にニュースをチェック。


次の日、3月12日(土)は道場に行き

大きな被害はなかったものの

落ちたプリンターや書類を片付け

寮に戻ってきました。


非常食をある程度買っておこうと

近所のスーパーに寄ると

パンもお弁当も、ありとあらゆる食材が

品薄になってしまっていました。

とりあえず食料を買い

自宅待機。



寮には一人でしたが

早島妙聴副道長 が

日本道観の会員さんやスタッフに向けて

励ましのメールを度々配信されていて

それを見ると心細さはありませんでした。


東北で大きな被害にあわれた

会員さん達の無事も

どんどん確認されていきました。


「妙聴先生 からのメールを読んで

大変な時だけど勇気がでました」

「気のトレーニングのおかげで

こんな時でも元気です!」

など、

東北の会員さん達が前向きに

地震の被害の中頑張っている姿が

メールで伝わってきました。


胸が熱くなりました。

こちらが勇気をいただきました。


まさかの時に役立つ気―被害にあわない自分になる―

2012. 01. 20  
― 日本道観 東日本大震災を振り返る 
   日本道観 埼玉道学院 スタッフブログより転記――

東日本大震災の被害を越えて、ということで

3.11を振り返っています。



3月始めの土日に

日本道観 早島天來初代道長 の

「生誕100周年記念」のパーティも

大変盛り上がって無事行われた

その一週間後。



3月11日(金)は

前日の出張指導から一泊して

車で移動している最中でした。


もうすぐ道場に着く~という所まで来て

丁度信号待ちをしていると

途端に激しい揺れが。


歩いている人達は立っていられずに

その場で座り込んでしまう人も。

ラジオからは緊急事態を告げる

緊迫したパーソナリティの声が聞こえました。


以前に新潟中越地震を

同じく車中で体験していたので

「これは震度5くらいの地震だ」

と冷静に思いました。




揺れが収まるのを待って

駐車場に。


しばらくは車中でラジオから

情報を仕入れながら

メールでスタッフや会員さんと

無事の連絡を取っていました。


家に戻ると大した被害はなかったものの

トースターやコンポが転げ落ちていました。


道場の大切な仏様や掛け軸、額などは

大丈夫だろうか?

それが気になって道場まで行くと

みんな無事でした。

何よりホッとしました。



事務所をのぞくと

高く積み上げていたプリンターや

書類が普段座っている椅子の上に

盛大に転げ落ちていて

「あそこに座っていたら・・・」

ちょっとぞっとしました。



余震が度々くるので

一人でビルの5階にいてもどうかと思い

その日はそれ以上何もせずに

帰りました。


次の日は早島妙聴副道長 の講座が

東京道学院 にて予定されていて

それを楽しみにしていたのに

当然のこと講座も中止です。


でもそんな事を考えていられたのも

被害の状況を映像で見るまででした。


帰ってテレビで東北地方の惨状を

目の当たりにして

これが本当に起こったことなのか??

と絶句しました。


会員さんについては

大体連絡も取れ、

皆さん大丈夫のようだとわかり

その点は安心できました。


でも東北地方の会員さんの

安否がはっきりしません。

スタッフも連絡が取れていない

まだ自宅に戻れていない人もいて

気になりつつ

とにかく冷静に

今できる事をするしかないと

そう思いながら

服を着たまま横になり

余震のたびに目を覚まし

寮の中で一人次の日を迎えました。

まさかの時に役立つ気―被害にあわない自分になる―
2012. 01. 20  
― 日本道観 東日本大震災を振り返る 
   日本道観 埼玉道学院 スタッフブログより転記――

東日本大震災の被害を越えて、ということで

日本道観 として 3.11を振り返っています。


そして日本道観オフィシャルサイトでは

日本道観の被害 東日本大震災における

日本道観の被害状況についてのまとめができました。

今回はそちらをご紹介いたします。


日本道観の被害 東日本大震災における

日本道観の被害・被害状況について

被害状況のほかに東北の会員さんの

地震に遭った時の体験談なども

掲載されています。

東北の会員の皆さんは

この非常時に活かされた

日々の「気」のトレーニングの成果を

しみじみと感じていらっしゃいました。


まさかの時に役立つ気―被害にあわない自分になる―
2012. 01. 20  
― 日本道観 東日本大震災を振り返る 
   日本道観 埼玉道学院 スタッフブログより転記――

東日本大震災の被害を越えて、ということで

3.11を振り返っています。


甚大な被害を出した東日本大震災の数日前、

2011年3月3日は

日本道観の早島天來初代道長 の

「生誕100周年」の記念の日でした。


3月6日には日本道観の総本部

福島県いわき市にて皆で「誓願」をし、

その後記念のパーティが行われ沢山の方が参加されました。


小名浜のオーシャンホテルで行われたパーティでは

各道学院の出し物が。




本部のすがすがしい「気」に癒され

パーティで楽しい時を過ごし

とても充実した思い出深い

100周年の記念の日。


まさかその一週間後に

あのような大きな地震が起こり

福島県いわき市も大きな被害を受けることになるとは

まったく想像もしていませんでした。

まさかの時に役立つ気―被害にあわない自分になる―
2012. 01. 20  
― 日本道観 東日本大震災を振り返る 
   日本道観 埼玉道学院 スタッフブログより転記――

先程、久しぶりに緊急地震速報の

あの独特な警戒音が鳴り響きました。

茨城沖が震源地ということでしたが

皆さまの地域は大丈夫でしたでしょうか?

被害が出ていない事をお祈りします。

3.11から10ヶ月が過ぎ、

改めて日本道観としての

東日本大震災を振り返りたいと思います。

記憶をたどりながら

日本道観における地震の被害と

活動、思いなどをつづっていこうと思います。

まずは、大震災の被害に対して

道教、タオイズムを通じて交流のある台湾の小学校から

たくさんのご寄付を頂いた時の記事を

改めてこちらでご紹介させていただきます。

「寄付の恩情に応えたい」台湾の3つの小学校から

日本道観へ義援金が送られる

(日本道観オフィシャルサイトより2011.5.12の記事)

台湾で台風による大きな被害が出た時に

日本道観では全国の会員さんに呼びかけて

有志で義援金を集め送らせていただいたことがありました。

台湾にいらっしゃる方を通じて、

実際に被害にあった現場にすぐにその義援金が届くようにと

一番被害が大きかった小学校に寄付をいたしました。

その時の感謝の気持ちをこめてと

小学校の子供達が自分のお小遣いの中から

義援金を集めてくれたそうです。

その時の話を聞くと

遠く海を隔てた国の小さな子供たちの

純粋な必死な顔が浮かぶようで

大変胸が熱くなりました。

皆さん、まるで自分の事のように

心から心配してくださっていたそうです。

改めて、心よりお礼を。


まさかの時に役立つ気―被害にあわない自分になる―
2012. 01. 17  
こんにちは!

日本道観 札幌道学院の教子です

阪神、淡路大震災から今日で17年。

もう、そんなになるんですね。

私はあの日大阪に住んでいました。

大阪道学院は、ちょっと本が倒れるくらいで、ほとんど被害がなかったので、のんびりしてしまい、

なにかの用事で総本部に電話をしたら

『早く電話してきなさい!!心配したよ!!』

とのこと。

どうやら向こうからこちらには電話が全くつながらなかったらしい…。

だんだんと状況を把握して、いろいろわかったのは、その日の夕方でした。

まさか、あんなことになるなんて…。


実は私はあの震災がある前は、神戸道学院をオープンさせていただく予定でした。

ところが、どんなにビルを探してもなかなかいいところが見つからず、ずっと探し歩いていたとこでした。

そんなわけで、テレビに映る神戸の傾きかけたビルをみて、ぞっとして…

あのまま神戸道学院をオープンしていたら、私は下敷きになるところでした。

神戸の会員さんにも連絡がついて、

なんと、みなさんが無事でした。

避難所から線路づたいに歩いてスタジオまでたづねにきてくれたかたが、

いつもは飛び起きたりしないのに、ぐらっときた瞬間、がばっとおきたので、

危機一髪で、おおきな本棚の下敷きにならずにすんだ!

と、早島先生の本を握りしめて

道家のおかげですと、熱く語ってくれました。

お茶碗一個も割れてないんですと、おっしゃっるかたもいらっしゃいました。

明日どうなるか本当にわからないので、今を精一杯生きよう!!

と、みんなが真剣になりました。

いまではすっかり復興した神戸。

東北も1日も早く復興しますように!

気のトレーニングで、自分のなかの気を磨いていたら、

危険を察知する力もつき、判断もできることが証明された瞬間でした。

まさかのときにもっていきるのは、自分の心とからだだけ。

いつ、どんなときでも強く生きていけるようにしたいですね。

日本道観 札幌道学院では、体験コースを受付中です。詳しくは…

011-252-2064
2012. 01. 13  
こんにちは。

日本道観 札幌道学院です。

日本道観の各支部が、その当時の被害状況や

まわりの方のあたたかい心遣いにたいする思いを

ブログにアップしていますが

とうとう・・・まとめページができました!!

『日本道観の被害 東日本大震災における 日本道観の被害・被災状況について』

体験談などは、簡単にまとめてありますが

生に聞くとそれはそれは壮絶でした。

いざという時・・・持っていけるのは自分の体・心・そして『』!!

だということを、まざまざと感じさせていただきました。

『まさかの時に 役立つ!!』ですね♪

プロフィール

TAOACADEMY札幌校 札幌〈道〉学院

Author:TAOACADEMY札幌校 札幌〈道〉学院
【TAOACADEMY】札幌校 札幌道学院 スタッフブログへようこそ!!
TAOACADEMY札幌校 札幌道学院では、タオイズムを通して、心とからだの健康と明るく楽しくポジティブな、輝く未来をサポートしています。
「無為自然に明るく楽しく豊かに生きる」為、導引術・洗心術・動功術という、タオイズムの3つの気のトレーニングをご紹介しています。



旭川・帯広など北海道内出張も行っております。
詳しくは、【TAOACADEMY】札幌校 札幌<道>学院へ、直接のお問い合わせ下さい。評判の気のトレーニングの本も、そろえています!

住  所: 〒060-0061
北海道札幌市中央区南1条西11丁目
1番地コンチネンタルWEST.Nビル2F
電話番号: 011-252-2064 (にっこりニコニコ老子)

月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム